鍼は痛くないですか

大丈夫です。当施術所では髪の毛ほどの太さのやわらかいディスポーザブルの鍼を使用しています。痛みに対する感受性はひとそれぞれで異なりますし、施術当日のお客様の体調によっても左右されます。ですから当施術所ではそれぞれの方に合わせた鍼を選択して、ほとんど痛みのない鍼施術を提供することを心がけています。もし施術当日に不安や違和感があれば遠慮なくご相談ください。ご安心できる対応をいたします。

鍼灸施術を受ける頻度、回数はどのくらいがいいのでしょうか

鍼灸施術・東洋医学と言うと何か「魔法」のように思われる方もいらっしゃいます。「魔法や手品のように瞬時に痛みが消える。症状が取れる。」というようなイメージをお持ちの方もいらっしゃるのですが、鍼灸施術は長い伝統を持ち、国からも認められた医療のひとつであり、けして「魔法」ではありません。したがって、症状を改善し、さらに体質改善も含めて心身の状態を安定させていくためには、施術を一定期間継続して行っていく必要があります。(ただし、急性の症状・・・たとえばいわゆるギックリ腰や寝違え等の場合は1、2回の施術で効果が出やすいものもあります。)

心と体のバランスを整え、つらい症状を改善していくために必要なのは定期的かつ継続的な施術です。特に症状が慢性化していればいるほど1、2回の施術で劇的な効果が出るということは難しいと思います。たとえ一時的に症状の軽減が見られても、施術効果が持続するのは3日から1週間程と言われています。年月を経て生じた体のゆがみやひずみを改善していくためには相応の時間が必要です。症状の種類にもよりますが、施術効果を定着させ症状を安定させていくためには、当初1カ月程は週1、2回の頻度で通っていただければと思います。(通常3カ月の施術をひとつの目安としています。)その後、症状が安定してくれば、2週間に1回、さらに再発の予防、体調管理のために月1回というように徐々に間隔をあけて施術頻度を減らしていきます。しかし施術回数については、お客様のご意向ご要望をよくお聞かせいただいた上で納得、ご安心して通える頻度を決めてまいります。

鍼灸施術にはどのような効果があるのですか

鍼灸施術には、血行を促し痛みを抑え、自律神経やホルモンのバランスを調整することにより局所の症状を改善し全身のバランスを整える作用があります。

薬や手術などで十分に効果を発揮出来ない成人病、加齢に伴う様々な障害、心身症、自律神経失調症など近年増加傾向にある疾患やストレス性の症状でも、鍼灸施術を定期的に継続すれば、その多くは改善に向かいます。また特に健康増進・維持、体質改善、病気の予防、体調管理という点では優れた効果を発揮する施術法です。

健康な状態とは「復元力」があるということです。つまり病気になっても元の元気な状態に戻れることです。体全体を整え、この「復元力」をつけることが鍼灸施術の果たす役割であると考えています。

 

西洋医学の施術と併用しても大丈夫ですか

大丈夫です。問題ありません。

以前からさまざまな疾患において現代西洋医学の施術と鍼灸施術を併用すると相乗効果があることが認められてきました。
また最近になり不妊施術においても現代西洋医学の施術と鍼灸施術を併用すると高い効果が得られることが証明されました。
たとえば2002年にアメリカ生殖医療学会は体外受精(IVF)を受ける際に鍼灸施術を併用することで、併用しない場合に比べて妊娠率が26.3%から42.5%へとめざましく向上するという調査報告を発表しました。また2006年に日本生殖医学会も5回以上の体外受精(IVF)を行っても妊娠できなかった114人の不妊症の女性に鍼灸施術を併用したところ、そのうちの49人(42.9%)が妊娠することが出来たと報告しています。さらに2009年にはアメリカのメリーランド大学医学部が1366人の女性を対象として、体外受精(IVF)後1日以内に鍼灸施術を受けると、受けない場合に比べて妊娠する確率が65%も高まったという調査報告をしたことがイギリス医師会誌に掲載されました。 このように不妊施術においても現代西洋医学の施術と鍼灸施術を併用することで目覚ましい効果が得られるのです。

むしろ西洋医学の施術と鍼施術を併用することにより、さまざまな疾患や症状を改善する可能性が高まると考えていただいて差しつかえありません。

不妊施術の通う頻度・期間はどのくらいですか

IVF(CISI)の場合はなるべく早い時期から週1回程度通っていただき身体の機能を高めていきます。移植の前2、3カ月は週1回通っていただき母体の環境を整えます。そして移植の数日前に一度、移植後24時間以内に一度の施術を受けていただくことが大切です。(IVF(CISI)では移植後24時間以内に鍼施術を受けると着床率が大幅に高くなるという報告がなされています。)
自然妊娠を望まれる場合は月に2回程度通っていただくこと(10日以上の間隔を空けない方が望ましい)を少なくとも半年間は続けて体調を整えて妊娠しやすい体をつくることをお勧めいたします。もちろんこれには個人差があります。早い方は3、4カ月で妊娠されていますし、健康状態が良くない方では2年通われて妊娠された方もいらっしゃいます。

鎌倉御成治療院の不妊施術の特色は何ですか

鍼灸師(国家資格)であり心理カウンセリング(産業カウンセラー)の臨床経験も豊富な施術者が体の状態だけではなく心の状態も同時にケアしていきます。西洋医学の正確な知識を基にして、東洋医学の見地から有効な鍼灸施術を行い、妊娠・出産へのお手伝いをいたします。

① 東洋医学的に見た不妊原因を探り、それを改善するアプローチをしていきます。
② 月経周期に合わせて、それぞれの時期に最適な経穴を選択し、お客様個々人の状態に合わせた施術をしていきます。
③ 施術中に脈の状態を常に確認(脈診)し、十二正経の流れが平均化するように整えていきます。